HOME > iPhone操作名称

iPhone操作名称

iPhoneはタッチスクリーンを使用しているため、一般的なパソコンの操作名とは異なるものが多いです。

【iPhone操作名称】
操作名 説明
タップ
(tap)
画面を指で軽くたたく操作です。
何かを選択するときなどに使われます。
(※マウス操作のクリックに相当します。)
ダブルタップ
(double tap)
2回タップする操作です。
何かを選択するときなどに使われます。
(※マウス操作のダブルクリックに相当します。)
ドラッグ
(drag)
操作対象を指で触った状態で指を移動する操作です。
(※マウス操作のドラッグと同じです。)
フリック
(flick)
指で画面を弾く操作です。
電子書籍のページをめくったり地図を送ったりするときに使われます。
(※マウスでこの操作に相当するものはありません。)
ダブルスライド
(double slide)
2本指で画面をなぞる操作です。
(※マウスでこの操作に相当するものはありません。)
ピンチイン
(pinch in)
2本指を大きく広げて触った状態から指の間隔を狭めていく操作です。
(ピンチアウトの逆の操作)
地図や写真などを縮小するときなどに使われます。
(※マウスでこの操作に相当するものはありません。)
ピンチアウト
(pinch out)
2本指を狭めて触った状態から指の間隔を広げていく操作です。
(ピンチインの逆の操作)
地図や写真などを拡大するときなどに使われます。
(※マウスでこの操作に相当するものはありません。)
シェイク
(shake)
iPhone本体を振る動作です。